マイナビエージェント(旧マイコミエージェント)さんに話を聞いてきた

マイコミエージェント

実は以前から気になっていたマイナビエージェントという人材紹介会社があります。

なぜ気になっているかというと、まず一つがここ数年で急激にサービスを拡大している点、二つ目が僕がメインで採用担当をしている時にはまだ存在していない会社だったので、あまり関わったことがないという点があります。
そこでダメ元で「会社に伺ってお話を聞きたいんですが」というメールを送ったところ早々にOKをいただいたので、会社に訪問していろんなことを聞いてきました。

というわけで、今回の記事は「潜入!マイナビエージェント」というテーマで、会社の特徴や強み、雰囲気等をお伝えしようかと思います。

そもそもマイナビエージェントとは

マイナビマイナビエージェントの正式な会社名は「株式会社 毎日キャリアバンク」といい、マイナビを運営している毎日コミュニケーションから2007年に分社した人材紹介に特化した会社です。(写真はマイナビ転職のサイト)

まだ分社してからそんなに時間が経っていないため、就活/転職サイトで培った企業の人事部門とのコネクションも強く残っており、マイナビエージェント独占の紹介枠があったりするそうです。

人材紹介というと、ちょっと敷居が高いというイメージを持つ方もいると思いますが、登録前に相談会を開催したり、遠方の方には電話での面談を受け付けたりと、なるべく気軽に相談してもらえるような環境を整えている会社だと感じました。

次の項目から、マイナビエージェントの特徴などを詳しく解説していきますね。

マイナビエージェントの特徴

この項目では、実際に聞いてきた事を中心にご紹介します。ちなみに、マイナビエージェントさんのエントランスはとても明るい雰囲気になってます。

マイコミエージェント マイコミエージェント

受付と、面談室やミーティングルームに抜ける通路。訪問したのは平日の午後だったので来客は少なかったですが、夕方以降や、土曜日は一杯になるとのことです。

では本題に入ります。

特徴1.少人数の就職相談会に力を入れている

マイコミエージェントホームページ

IT業界や営業系、メディカル業界やクリエイティブ系など、ジャンルごとに分けたセミナーを随時開催しています。登録まではちょっと・・・という方でも、業界の傾向や面接対策などの話を聞けるセミナーになっています。セミナーを聞いて、マイナビエージェントに登録したいと思ったら登録することができます。

特徴2.キャリアコンサルタントと求人営業担当(企業側に近い社員)の協力体制

マイナビエージェントは登録者に仕事を紹介するにあたり、求職者の相談相手であるキャリアコンサルタントと、企業の人事担当から求人案件を貰ってくる求人営業担当がミーティングを行い、求職者にマッチした仕事を紹介しています。

マイコミエージェント マイコミエージェント

2方向の目線で会社を紹介してくれるため、自分に合った仕事に出会える可能性も高まります。実際に転職サイトで自分自身で仕事を探すときは、有名な企業や得意な業界・職種を中心に探していくことが多いと思いますが、今まで知らなかった優良企業と出会えるのも人材紹介のメリットです。

特徴3.詳細な面接対策

671.jpgマイナビエージェントが力を入れている事の一つに面接対策があります。

これは面接を受けた求職者に対して、面接時の質問の内容や手ごたえなどをヒアリングし、その会社の求めるスキルや人物像を明確にしていきます。そのデータをもとに、希望者にはキャリアコンサルタントが模擬面接を行ったりして、少しでも内定に近づけるようサポートしてくれます。

企業側としてもマイナビエージェントにお願いすれば的確に求める人材を紹介してくれるので、他の紹介会社には出さない独占案件も提供してくれるそうです。僕も採用担当時だったとき思っていたのですが、実は応募者の数はそんなに重要では無くて、1人紹介してもらい、その人を採用できれば効率的で非常にありがたいんです。

まとめ

今回お話を聞いて一番感じたことは、一人ひとりの求職者の立場になって仕事を紹介してくれるという点です。この点に注力してきたからこそ、短期間でこれだけのサービス展開ができたのだと思います。

また、「すぐ転職を考えている訳ではないが、どこかいい会社(条件や仕事内容など)があれば考えたい」という方もかなり登録に来ているそうです。「東京本社」「大阪」に支社があり、その他遠方の方に関しては、電話での面談も実施していますので、興味がある方は一本電話を入れて会社帰りに立ち寄ってもいいかもしれませんね。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら ⇒ マイコミグループの人材紹介サービス【マイナビエージェント】