上司と人事担当に退職の意思を伝えよう

次の会社が決まった。独立する。今の会社に見切りをつけた。ボーナスを貰ったので海外で少しゆっくりしたい。退職理由は人それぞれです。退職することは別に悪ではないですから、会社を辞めるのは個人の自由です。

しかしながら退職する意思を固めたら、前もって直属の上司に伝えなければなりません。

言いにくいのは分かりますが、後延ばしにすると退職の時期がどんどん遅れてしまいます。ですので、最初は「ちょっと相談があるのですが」と、あくまで相談という形で話を持ち出してみましょう。

退職する意思を伝えたら、一般的には慰留されます。

あなたが優秀で大きな結果を出している、あるいはその要素があるとみなされている場合、なおさら強く説得されるでしょう。その慰留に揺るがない意思の強さと、上司を説得できる退職理由も必要になってきます。

退職理由ですが、会社の不満はあまり言わない方が無難です。本音では人間関係や給与等の会社に対する不満で退職したいとしても、あくまで自分のステップアップ、スキルアップのためといった前向きな退職理由を作って説得しましょう。

他にも家族の都合(プライベートの問題)とすれば、なかなかそれ以上突っ込まれません。ただ、街中でばっかり合ったりするとつじつま合わせが大変ですので、回収できる程度の嘘にしておきましょう。
 

上司の了承が得られたら、退職届を人事担当に提出します(会社指定の場合もあります)。

このように退職には意外と時間がかかりますので、上司への相談、慰留の説得、業務の引継ぎ、取引先・社内の挨拶回りなどのスケジュールを頭に入れて、余裕をもって準備しましょう。一般的には1~2ヶ月ぐらいの期間を見込んでおけば良いかと思います。